«

»

12月 13

買ってはいけないコインとは?

GMです。

 

金貨投資にせよ、コイン投資にせよ、買ってはいけないコインがあります。

 

これはどちらも共通して言えることです。

 

 

洗浄品(クリーニング)

 

 

 これは買ってはいけないもの代表ですね。

 

もちろん偽物というのは論外ですよ。

 

レプリカもNGです。

 

洗浄品というのは本物だけど綺麗に洗ってあるものです。

 

つまり、汚れと一緒に価値も洗い落としたものです。

 

 

「無価値」

 

 

です。

 

古いのにやたらと綺麗なものがあったら気を付けましょう。

 

鑑定済みであれば大丈夫ですが、未鑑定品なら要注意です。

 

未鑑定ですごく古いのにすごく綺麗、むしろ輝いているコイン

 

おそらく洗浄品です。綺麗にするためにクリーニングされています。

 

それを鑑定に出してクリーニング品です、と言われたらどうなるか。

 

 

1ドルでも手を付けられません。

 

 

入札者0、1ドルスタートで誰もが手を出さないことになります。

 

もしかしたら1ドルくらいなら出してもいいか、という人はいるかもしれません。

 

鑑定料はその数十倍という値段してるんですけどね。

 

それでも欲しい!という人は本当に稀です。

 

何も知らないか、クリーニング品マニアでしょうねきっと。

 

普通に買おうと思っている人からすれば対象外です。

 

1ドルですよ?缶ジュース1本買う方がマシって思われているレベルです。

 

買って売れないどころか、売れたら奇跡だと思えるくらいです。

 

投資目的で買うのであれば、絶対に避けなければなりません。

 

鑑定済みの場合はしっかりCleaningと書いてあります。

 

これが書いてあったら買ってはいけない!と判断するようにしましょう。

 

どうしてもそれが欲しいなら話は別です。

 

コレクションにする、綺麗なものがいい、という事ならお得ですね。

 

ちなみに見かけることも少ないので、忘れたころにやってきます。

 

何だっけ?これ?となった時に慌てて買わないようにしましょう。

 

買っても得することはないですからね。損することはありますけど。

 

あとは、最初のうちは未鑑定コインには手を出さないことです。

 

本物かどうかわかるようになるまで、鑑定済みだけにしておきましょう。

 

だんだんとわかるようになってきます。

 

本物ばかり見ていたら、偽物を見たときに違和感を覚えるようになります。

 

そこまできたら、未鑑定品を買って自分で鑑定に出す、という方法もありです。

 

未鑑定品の方が鑑定済みより安いです。

 

そのかわり、偽物、傷物、洗浄品などリスクがあります。

 

最初によくする失敗は、綺麗な未鑑定コインを買っていくことです。

 

綺麗だと思っても、実はグレードがAUでしたとかよくある話です。

 

だからこそ、最初は鑑定済みだけを買うのをお勧めします。

 

他にもありますが、最初はこれだけ注意すればOKです。