第三者鑑定機関について

当ショップで販売しているコインは全てアメリカの第三者鑑定機関PCGS・NGCのどちらかで

鑑定されたコインです。

 

鑑定機関は世界中にかなりの数がありますが、信頼度が高いのはこの2社になります。

どちらも鑑定グレードが細かく設定されており、ケースが壊れたりしない限りその結果は永久保証されます。

 

PCGS:Professional Coin Grading Serviceの略

 

PCGSのホームページはこちら

 

透明なスラブケースが特徴で、主にアメリカのコインを多く鑑定しています。

ケースは密封されており、そう簡単に壊れないようになっています。

海外ではハンマーで叩いて一部を壊して、あとは力任せに取り出している動画がありますが、

それほどしなければ壊れない丈夫さという証明になります。

 

※スラブケースを壊すと永久保証の対象外となります。再度鑑定依頼をする必要があります。

また、グレードが変わる可能性もあるため、意図的に壊すことはお勧めしません。

ケースに傷がついた場合等はケースだけ交換するリホルダーというサービスが有ります。

手数料はかかりますがグレードはそのままです。

s-l500 (1)

裏面にQRコードが有り、そのQRコードを読み取ることで鑑定結果のページヘ

移動することが出来るラベルも有ります。

 

アメリカコインの鑑定実績が多く、造幣局の主任彫刻家のサイン入りなどのラベルがとても人気です。

 

他にもグレートブリテンやカナダ、オーストラリアのコインもよく見かけます。

しかし、古代コインに関しては取り扱いが現状ではありません。

 

当ショップのPCGS鑑定済みコイン一覧はこちら

 

 

古代コインであればNGCは鑑定対象に入っています。

 

NGC:Numismatic Guaranty Corporationの略
NGCのホームページはこちら
PCGS同様、アメリカコインも鑑定しています。

特徴としては様々なスラブケースやラベルが用意されていることです。

基本は白いケースで、コインの四隅を挟むような感じのケースになります。

コインのサイズ次第では異なる場合もございます。

US4260648 US4271370 GB2016145

左はバッファロー金貨専用ラベル

真ん中はファーストパウズ金貨専用ラベル

右はグレートブリテンの特殊ラベル

 

といった具合に、コインによって様々なラベルが用意されています。

 

そしてコインのエッジ部分(コインの側面)が見やすいようになっている、というのも特徴です。

コインによっては側面に文字が彫られていることもあります。

それをじっくり眺められる、というのは嬉しい限りです。

 

また、日本ではあまり知られていない国の通貨の鑑定もNGCがほとんどです。

例えば日本政府に最近国家承認されたニウエという国があります。

ニュージーランド北東に位置する場所にあります。人口僅か1190人です。

 

スター・ウォーズやゴッドファーザーのコインを発行しています。

他にもスヌーピーやディズニーのコインもニウエの通貨です。

 

個人的にはツバルという国の通貨もデザインが魅力的ですので、お勧めです。

 

当ショップのNGC鑑定済みコイン一覧はこちら