金貨投資のコツとは?

1.コイン収集を楽しむこと

 

金貨やアンティークコインといっても、種類もたくさんありますし、年代も国もバラバラです。

大きさも違いますし、デザインも全く違います。

そこでどんな基準でコインを選ぶのかについてですが、「欲しいと思ったかどうか」です。

 

 

コインの価格が上がるのは欲しいと思う人が多いけど、実際にコインが少なすぎる、

というところから始まります。

 

 

欲しいと思えないコインは、手元においてあってもすぐに手放したくなります。

買ってすぐに売っても値段は殆ど変わりません。

オークション等であれば、手数料を払うとマイナスになる可能性もあります。

それに、ご自身が所有したいと思わないコインをほかの人が欲しがるか、と言われると難しい所です。

 

しかし、欲しいと思ったコインであれば自然と持ち続けられます。

頻繁に売るようなものではないので、じっくりと長期間取り組むものになります。

持ち続けるためには「欲しいと思った物」で無ければ、難しいです。

コイン投資は買ったコインをコレクションとしても楽しめるのが最大の魅力です。

買ったコインをじっくりと楽しみ、その後で手放すのがベストなタイミングです。

 

私自身も元々は普通のコレクター(現在もですが)ですので、他の人が欲しいと思うようなコインも

被ることが多いので、どういったものがいいかがわかります。

 

ちなみに女神様を集めていますので、主に神話関連が集まります。

もしくは発行枚数が少なかったり、現存枚数の少ないレア物や変わったコインを集めています。

 

他のショップでは殆ど見かけないツバルのオリュンポス十二神の銀貨やニウエの銀貨を扱っているのも、

自分自身が欲しいと思った」というところからきています。

 

2015年に出たばかりですが、海外オークションでは既に発売当初の2倍近い値段で出品されていたり、

既に価格が上がってきています。

 

※現在、当ショップで販売していたツバルのオリュンポス十二神(3種類)は完売しました。

 

 

最初は「コイン収集を楽しむ」ことに集中するのが、最大のコツです。

 

 

 

2.鑑定済みコインを購入すること

スラブケースに入っていないコインとスラブ入りのコインのどちらが良いのか?という質問もよく頂きます。

迷うことなく、スラブ入りの鑑定済みコインをお勧めします。

そのコインが「本物かどうか」という点が重要です。

 

どんなに綺麗なコインでも「偽物」であれば全く意味がありません。

金貨だと思って買ったら実は金メッキだった、というのも未鑑定品ならではの話です。

そして鑑定に出すだけでも一ヶ月近い時間と鑑定費用が必要となり、非常に手間がかかります。

 

PCGSであれば、初めてモルガン銀貨1枚を鑑定依頼したとすれば、100ドル必要です。

PCGSのコレクターズクラブ年会費(69ドル)と鑑定料(31ドル)を合計すると、最安値で100ドルです。

鑑定料の細かい計算はここでは省略しています。

 

 

時間とお金を無駄にせず効率よくコインを購入するためには「既に鑑定済みのコインを買うこと」です。

当ショップでも鑑定済みコインしか取り扱いがないのはそのためです。

 

ただし、中にはいまだに鑑定実績が1枚もないようなコインも存在します。

鑑定機関でも鑑定されたことがなく、本物が見つかったという報告すらないコインです。

極々稀にありますので、この場合は時間をかけてでも鑑定依頼に出すのをお勧めします。

鑑定に出して、本物だと認定されれば、「世界で1枚しかない」コインを所有することが出来ます。

 

しかし、リスクが高いので今から購入するのであれば鑑定済みコインが良いです。

 

 

 

3.発行枚数・現存枚数が少ない物を選ぶ

 

発行枚数や現存枚数の少ないコインを買うのも重要です。

発行枚数が多くて現存枚数も多ければ、価格は安くて今後の期待度も薄いです。

「最初の1枚目」としては良いのですが、ある程度コインを買ったことがある場合はレアコインを狙いましょう。

 

レアコインの基準は様々ですが、基本的には現存枚数の少なさです。

現存枚数が少なくて、グレードが高い(綺麗な状態)で残っているものがレア物です。

その中でも、デザインを見た時に「これが欲しい」と思えたものに注目です。

 

ご自身で欲しいと思えたものは、他の人も欲しいと思える確率が高いです。

現存枚数も少なく状態も良ければ、今後にかなり期待できる1枚です。

特に最近はオークションにすら顔を出さないコインもあります。

逆に最後のデータが10年前とかのコインもあります。

 

10年間、誰も手に入れるチャンスがなかったコインが出てきたら狙いですね。

それを誰かが落札したとしたら、次に出てくるのは更に10年後か、もっと先かも知れません。

逆にそれを手に入れてしまえば、10年後か20年後かを選ぶことも可能です。

枚数が少ないので、他の誰かがオークションに出す確率も非常に低いです。

 

そこまでくると、「いくらでなら売ってくれるのか」という話も出てくるかと思います。

世界で1枚しか存在しないのであれば、尚更です。

 

もちろん、コインの中には枚数が多いが価格も高いという例外も存在します。

基本的には上記ポイントを抑えることです。

 

 

改めて3つのポイントをまとめてみましょう。

 

 

1.コイン収集を楽しむこと

2.鑑定済みコインを購入すること

3.発行枚数・現存枚数が少ない物を選ぶ

 

 

上記を忘れないようにすること、それが最も重要です。

 

 

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

 

もし、ご不明点などございましたらcontact@goldmaneta.comまでご連絡下さい。

※タイトルは必ず入れて下さい。タイトル無しは迷惑メールとして振り分けられる可能性が高いです。

 

 

最後にオススメコインはいかがですか?